So-net無料ブログ作成
検索選択
沖縄旅行記④ 座間味島 ブログトップ

夏便り [沖縄旅行記④ 座間味島]

冬ですね!
いや~寒いですね~!

SN3E0084.jpg

クリスマスまであとちょっと。
クリスマスを過ぎれば年末もあっという間。
早く実家に帰りたい~~~(>_<)
仕事もとりあえずひと段落し、ちょっと落ち着いた。
上司も今日から一週間海外出張でおらんし、のびのーび(*^_^*)

********************

さてさて。
いつのことやらというくらい前の記事の続きですが、座間味(笑)
いつの日記だよ(^_^;)
でも今日で最後です。

覚えてない方は、左のカテゴリーから沖縄旅行記④座間味島をクリック(^_^)b

2008慶良間旅行_一眼レフ-129.jpg

さて、覚えているでしょうか?
阿嘉島のシロの像の記事。

そして、このワンコ像はマリリン。
シロが泳いで渡って会いに行ったという、マリリン。
マリリンの視線の先には、阿嘉島があります。

このマリリンの像は、座間味港から宿の中間辺りにあるんだけど、
この像が見たいという理由もあって、炎天下を延々歩く。
宿まで徒歩で30分近くあったんじゃなかろうか・・・

ま、うちらは旅先でいつもこんな感じ(笑)

宿に一回戻ってから、レンタバイクをお願いしている店の人に迎えに来てもらい、
バイクを借りて、シュノーケルセットを持って、座間味散策にレッツゴー!

去年デビューした原付ももうすっかり(?)慣れたもん(笑)
まず向かったのが、日が高いうちに潜ろうと古座間味ビーチへ。

2008慶良間旅行_一眼レフ-135.jpg

ここはもう・・・
魚の数も種類もはんぱじゃない!!!
ちょっと潜ったら、すぐに魚魚魚!!!

海岸から比較的すぐの位置で、もう結構深さがあって、
この旅で得た素潜り術がめちゃ楽しい(*^_^*)
でも、この潜りを楽しんでいると、耳抜きがうまく出来ず若干頭が痛かった(^_^;)

2008慶良間旅行_一眼レフ-139.jpg

それにしてもこの古座間味ビーチはすごかった。。。
かなり長い時間潜って遊んでたんだけど、水中カメラの電池が切れて、
悲しいことに水中写真がありません(T_T)

この日は、夕陽を見につれてってもらう約束をしてたので、
ちょこっと座間味を散策した後、早々とバイクを返してまた宿に戻る。
夕陽を見につれてってくれたのは、カヤックセンターのにいちゃんとその友達数人。
ワゴンで拾ってもらって、地元の人も絶賛の夕陽スポットへ行った。

行って見ると、先客はもうたくさん。
この日はすこぶる天気も良く、きれいな夕陽が期待出来た。
その日見たのが、この夕陽。

2008慶良間旅行_一眼レフ-160.jpg

キレイに水平線に沈んでいくのが見えた。
ここまでキレイに見えたのは久しぶり、って言ってた。
台風がすぎた後だったからかな(^^)良かった♪

楽しかった慶良間旅行もあっという間に終わったけど、
この旅でも沖縄のたくさんの自然に触れることが出来たし、
たくさんの人との出会いもあった。

名残惜しいけど、次の日は朝早くに出発。

2008慶良間旅行_一眼レフ-189.jpg

なんとこの小さな離島、たくさんの島の人が見送りに来てくれた。
お世話になったカヤックセンターの人も、船から覗くと手を振ってくれてた。
こういうのがあるから、やっぱりまた来たいと思うんじゃろな。

経由した阿嘉島でも、民宿の人とかたくさんの人が見送りに来てた。
いや~あったかい島だった。

次はどの島に行くかな~と考えながら、空旅を終えてまた本土に戻ったのでありました。

2008慶良間旅行_一眼レフ-203.jpg

もう5ヶ月も前のことを思い出すのがやっと(笑)
今年もいろんなことがあった年だったな~。
来年はどんな年になるんだろう。


nice!(9)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Aka-Blueの海、ニシバマにて。 [沖縄旅行記④ 座間味島]

ご無沙汰しています。
久々に日記を書くので、どこまで慶良間旅行記どこまで書いてたか忘れますね(^_^;)

8月の半ば、夏休み10連休の前半は実家へ里帰り。
いつものごとく、実家で気分をリフレッシュ。
やっぱり岡山は良い、と再確認。

そして14日からの夏休み後半は、同期の結婚式へ@旭川
関東組の同期はほとんど出席で、観光も兼ねての3泊4日の北海道旅行。
この記事については、また余力があれば後日書くことにします。

夏休みを終えて帰って来てすぐ、つくばの方に缶詰式のセミナー
講義の時間と同じくらいあるのではないかと思われる2日連続の飲み会を頑張って耐え抜き、
同業他社の人たちともたくさん名刺交換をして、なんとかセミナー終了。
そろそろ体力的にきつくなってくる、8月後半。

そして、先週末。
関東同期2組目の結婚式に参加。
この夏から秋にかけて、あと3組の結婚式が控えている。
どの結婚式を見ても、やっぱり結婚はいいもんだなぁと感じる。
それぞれが時間をかけていろんなアイデアを出して考えて、思いのたくさん詰まった式。
どれもが最高で、ほんとスゴイと思う。
幸せな気持ちをたくさんもらえてた(*^_^*)

****************************************************

慶良間旅行記、阿嘉島に渡った所まででストップしてました。
その続きです。

阿嘉島に渡ってまず自転車でサイクリング♪
阿嘉大橋を渡って慶留間島、さらには慶留間橋を渡って、
慶良間空港のある外地島まで足を伸ばす。
勾配も結構あって、自転車でここまで回るのは結構な体力を消耗した。

2008慶良間旅行_一眼レフ-090.jpg

慶留間島には高良家という赤瓦の家があり見に行ったのだが、残念ながら休館日。
ということで、その周りのハイビスカスの小道をパシャリと一枚。

チャリ爆走での体力を回復すべく、外地島から再び一気に阿嘉島に戻り、
ニシバマビーチまで行く。

波照間のニシハマといい、阿嘉島のニシバマといい・・・
ブルーのグラデーションが最高のビーチ。
波照間の方がエメラルドで、阿嘉島の方がスカイブルーといった感じ。

2008慶良間旅行_一眼レフ-093.jpg

さすが海の日連休ということもあり、ニシバマはビーチパラソルがたくさん咲き、
家族連れやカップルが大量にいた。
でも、それにめげずに潜る潜る。

この辺りから、自分がライフジャケットなしで泳げることに気付く。おそっ!笑

海の中は本当に透き通っていて、魚もたくさんいる。
珊瑚はあまり見れなかった印象。
もっと沖まで行けばあるのかな??

CIMG4470.jpg

ここで一番驚いたのが、噛みついてくる魚がいるということ。
ピンクや黄色のカラフルな魚で、最初はかわいいな~って見てたのが、
急につっついてきた。
たぶん写真の右下に写ってるしましまみたいなヤツ。
最初は間違ってぶつかったのかと思ったけど、
二度も同じ目に遭えば間違ったということではなさそう。。。

手の甲にはくっきりと歯形が残り、それ以来その魚を海の中で見つけると
びびって逃げるようになりました(笑)
ヤツは一体何だったんだろう・・・怒

2008慶良間旅行_一眼レフ-100.jpg

阿嘉島での滞在時間は約4時間だったため、
帰りの船に遅れないよう早めに泳ぎを切り上げて阿嘉港へ。
船が車での時間、またマンゴーカフェで休憩。
今度はマンゴーシェイク♪

阿嘉島の海の色にも、ほんと感動した。
時間が短かったので、今度は阿嘉島に泊まりたいなぁ(^_^)

2008慶良間旅行_一眼レフ-105.jpg


nice!(13)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

阿嘉島へ [沖縄旅行記④ 座間味島]

CIMG4414.jpg

座間味島。
朝ご飯の後の散歩タイム。

宿から歩いて1分ほど。
少し奥まった場所に、ブーゲンビリアの咲き乱れる素敵な小道を発見♪
モクモク膨らむ入道雲が、いかにも夏っぽい。

この日は朝から、座間味島から高速艇で10分の阿嘉島に渡る。
座間味から阿嘉経由で那覇に帰る観光客や、座間味からの日帰り客で
朝から座間味港は大にぎわい。

2008慶良間旅行_一眼レフ-069.jpg

私たちも、宿で借りたシュノーケルセットを持って、いざ阿嘉島へ。

行ってきまーす!

それにしても暑い。
沖縄入りする直前まで台風でどうなるか不安だったが、
見事なまでの快晴続きで、これぞ沖縄の夏。

阿嘉島について、とりあえず港の建物内にあるかわいらしいカフェで小休憩。

2008慶良間旅行_一眼レフ-074.jpg

マンゴーカフェ♪
座間味にもあるチェーン店。

ここで人気ナンバーワンのマンゴーぜんざいを注文
紫イモやきな粉など何種類かのパウダーがあって、好きな物をトッピング出来る。

2008慶良間旅行_一眼レフ-077.jpg

ぷりっぷりボリュームたっぷりのマンゴーの果肉が大量に盛りつけられて、大満足。
糖分補給して、パワー充電出来たので、
港近くでレンタサイクルを借りて阿嘉散策へレッツゴー。

ところで。
阿嘉島と座間味島が舞台の映画をご存じですか?

そう、「マリリンに逢いたい」です。

阿嘉島に住むシロという犬が、座間味島に住むマリリンに逢うため、
はるばる阿嘉島から座間味島まで泳いで渡ったという話。
その主人公であるシロの銅像が、阿嘉の港のすぐそばに建っていた。

2008慶良間旅行_一眼レフ-073.jpg

レイを3重にまいてもらい、かわいい(*^_^*)
マリリンの像は、座間味から阿嘉を望める場所に建っている。
これは後ほどの日記で紹介します^^

話は戻って、レンタサイクルでの阿嘉島散策。
まずは阿嘉島の南に橋で繋がった、慶留間島(ゲルマ島)と外地島(フカジ島)を目指す。

阿嘉島と慶留間島をつなぐのは阿嘉大橋。
そこから眺める景色。

2008慶良間旅行_一眼レフ-085.jpg

鮮やかなアクアブルー★
濃淡がはっきりとわかって、橋の上からでも水底が見えるほど透明。
のんびりのどかで、ゆっくりとした島時間。
存分に味わえますよ~(^_^)


nice!(19)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ウミガメとのであい。 [沖縄旅行記④ 座間味島]

一日カヤックツアーを終え、体はヘトヘト(>_<)
宿に戻って食事を済ませて、近くの糸嶺商店でオリオン買い出し、
いそいそと夕暮れの阿真ビーチへ。

阿真ビーチは今回お世話になった民宿から徒歩3分ほど。

2008慶良間旅行_一眼レフ-049.jpg

堤防に座って夕焼けの方角を見ると、島の出っ張った部分に展望台らしきシルエットが。。。
よし。明日は展望台へ夕陽を見に行こう♪♪

この場所からは、太陽が水平線に沈むのが見えない。
でも、太陽が沈んだ後の紫がかったきれいな空も好き。

2008慶良間旅行_一眼レフ-051.jpg

明かりも少ないこの集落で、天の川もはっきり見えるほどの星のきれいさに感動した★

この晩、民宿の離れで宴会があるという。
私たちも呼んでもらえたので、日が沈んだ後、三線の音の聞こえてくる離れの方へ歩いて行った。

この日、同じ宿に昨年の12月に結婚したという新婚カップルが来ていた。
2人はちょうど一年前の今頃、ここ慶良間に訪れ、とあるビーチでプロポーズをしたんだって。
その時、民宿のおじぃと、結婚したらまた来るねーと約束していた2人が、
一年後、また同じところに戻って来たのがちょうどこの日。
見ず知らずの同宿の宿泊客と、民宿のスタッフみんなでお祝い
とても幸せそうな2人を見て、こっちまで幸せな気分をいただいた♪♪

*********************************************************

さて。
座間味2日目の朝。
この日は朝からシュノーケル3点セットを持って阿真ビーチへ。
昨日の宴会で話した亀仙人(座間味に何度も来ている、もぐりの達人)と、
1組の夫婦と一緒にウミガメを見に行くために、朝弱い私も頑張って起きた!!

ウミガメは早朝(満潮時?)、朝ご飯の海藻をむしゃむしゃと食べ、
時々息継ぎに水面に顔を出す。
その場所を浜辺で探して、見つけたらそこめがけて泳ぐ。

この日はなかなか水面に顔を出すカメを見つけられず、
とりあえず試しに潜ってみよう、ってことで、マスクを付けて顔を沈めた。

すると。

目の前に、ゆうゆうと泳ぐウミガメの姿が。
こんな間近にいたなんて。
そして、ウミガメと一緒に泳げるなんて、夢の様な話を今本当に体感しているのが信じられない。

CIMG4437.jpg

シュノーケルでしゃべれないけど、そこにいたみんな発狂してた(笑)
超興奮。
朝から天気も良く、キラキラ光る海の中が本当にきれい。

気付けば、遠くの方にもまだ1匹。
水面近くに顔を出しに行くのが見える。

CIMG4414.jpg

いや~~~~~。

ほんっと、感動しました。
慶良間の海、最高です。

本日の写真はウミガメオンパレードで。
興奮して、かなりの枚数ウミガメについやしてしまい、
後々水中を撮る時に容量がないって事態にも(^_^;)

それくらい、無我夢中だったってことですな。

CIMG4420.jpg

ひとしきり私たちを楽しませてくれた後、
すいーすいーっと、水の向こうに消えていった。

シュノーケリング中、マナーの悪い人も何人かいた。
ウミガメの甲羅に乗ろうとしたり足を触りに行ったり。

この海はウミガメ含む多くの生き物たちの家。
その家を荒らすようなことはしちゃいかんなー、って思いました。

CIMG4442.jpg

朝の阿真ビーチ。

さて。
宿に戻って朝ご飯食べよう^^


nice!(15)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

KERAMA KAYAK [沖縄旅行記④ 座間味島]

CIMG4366.jpg

安室島を出発して、もう一個無人島を経由して座間味島に戻ることに。
もときた海を帰る途中、また青のグラデーションとご対面♪
その上をカヤックで漕いで渡ると、海の色が変わる瞬間がわかる。

もう一個の無人島とは、安慶名敷島という小さな島。
白い砂地が海にむき出しになっていて、そこで一瞬だけカヤックを下りて休憩。

CIMG4368.jpg

安慶名敷島から座間味島を見た景色。
ここからは目と鼻の先。

今回お世話になったカヤック君。
パドルのニコちゃんマークがかわいい♪

CIMG4379.jpg

カヤックは今回初挑戦だったけど、初心者でも気軽に楽しめ、
自然を大いに満喫出来る最高の乗り物。

ケラマの海の上を渡るにはもってこい。
クリアカヤックもいつか乗ってみたいなぁ~~♪♪

CIMG4381.jpg

座間味に戻った時には、もうくたくた(>_<)
汗と潮と日焼け止めで体はべたべただし、かなり体力も消耗した。
それでも達成感はひとしお(*^_^*)
楽しかった~♪

カヤックセンターに戻った時、嬉しいサービスが。

CIMG4386.jpg

じゃじゃん♪
泡盛~のコーラ割~♪♪
コーラで割って飲むのは初めて。
これはおいしかった☆

他に参加してたメンバーの人たちと、しばし団らん。
これから本島に戻るという人は、泡盛一杯を書き込んで急いで出発。
座間味に泊まることにしとって良かった^^

2008慶良間旅行_一眼レフ-027.jpg

今回お世話になったのは、ケラマカヤックセンター
1dayツアーの他に、半日ツアーやボートシュノーケルもやってるみたい。
ケラマのきれいな海をめっちゃ堪能することが出来て、大大大満足です(^^)

急ぐ必要のない私たちは、シャワーを浴びて、また泡盛を飲んで、
ショップの中でお気に入りアクセサリーを見つけて衝動買いして、
今回泊まる宿に向かいました。

2008慶良間旅行_一眼レフ-032.jpg

ハイビスカスも、青空に映えて、ちょーキレイ★☆


nice!(13)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

UNDER WATER [沖縄旅行記④ 座間味島]

昨日はすごい雨だったそうです、関東
初茨城かと思って行った出張、よく考えれば2回目の茨城出張でした!
会議を終え、東京駅に着いたのが22時半。
電車の電光掲示板を見れば、「京浜東北線、山手線運転再開」 の文字。
ちょうど嵐を免れて帰れました。
会社の人も結構足止めくらったらしく、かなり大変な夕立だったんじゃな~と驚き。

最近日本各地でよく見られる、こういう激しい夕立は、
温暖化が大きな理由であるらしい。
部屋のクーラーの設定温度は28℃とか。
マイバッグを持ち歩いたりだとか。
一人一人が出来るとこから、気を付けていかんとね。。

********************************************************

CIMG4312.jpg

ケラマの海の中をのぞいてみた。
午後は、おにぃに連れてってもらってのシュノーケリング。
色とりどりの熱帯魚が、気持ちよさそう。

自分たちで泳いでた時に見つけたと思っていたニモは、実はニモの親戚で、ハナクマノミらしい。
写真に写ってるニモが、正真正銘のニモ、カクレクマノミ。
ゆらゆらと水中で揺れるイソギンチャクに、ほっこりと出たり入ったりのニモ。
やっぱり生で見るとテンションが上がる。

CIMG4358.jpg

これはルリスズメダイだったかな。
青がめっちゃ鮮やかで目を引いた。

ツアー一行連れられて、沖の方まで泳ぐ。
何日か前にはマンタが見れたらしい。
めっちゃ見たい!!!

と思ったが、この日は残念ながら出会えなかった。
マンタが良く現れるスポットとしては石垣島が有名。
今度はダイビングのライセンスも取って、生マンタを見に行きたいもんだ♪♪

CIMG4341.jpg

ブクブクブク・・・と、海の底まで潜っていくおにぃ。
海の底で拾って来てくれたものは・・・

巨大ナマコ3連発だった(笑)
黒いナマコ、茶色い斑点のナマコ、
そして真っ赤でヒトデがいっぱい張り付いたかのようなオシャレナマコ(笑)
写真がお見せ出来ないのが残念(>_<)

シュノーケルは下を向いているからわからないが、
実は海の中から空を見たら、こんな景色。

CIMG4344.jpg

海の中からでも、雲一つない空の青と、めっちゃ照りつけるあっつい太陽がわかる。
ほんま気持ちいい~海。

この時まだ、ライフジャケットを付けないと泳げなかった私、
次の日にはライフジャケットなしでも泳げることに気付く(笑)
どうやら海の浮力が私のカナヅチを治してくれたらしい♪
ライフジャケットを付けずに泳ぐことがなんとも楽しいことに気付く・・・
さらに沖縄の海を堪能出来ることとなりました★

安室島を十分に堪能して、もと来た道を帰る。
私ら以外の2グループは日帰りで本島に戻るため、帰りは少々ハイペースで。
バイバイ安室島。マタネ(*^_^*)

CIMG4295.jpg


nice!(10)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

安室島、上陸!! [沖縄旅行記④ 座間味島]

カヤックを漕ぎ始めてどれくらいだろう。
1時間くらい??
ようやく目的地の安室島東岸にたどり着いた。

CIMG4199.jpg

安室島は無人島で、ビーチにもカラフルパラソルがあるわけでも、出店があるわけでもなく、
あるのは漕いできたカヤックと、自分たちだけ。
浜は珊瑚のかけらが多く、砂浜に所々空いた穴からはカニがちょろまかと横切ってる。

上陸して、まずは日よけとなる場所にござを敷き、自分たちのくつろぎポイントトを作る。
そこから見る海の色は、最高の青。

CIMG4213.jpg

ここでガイドのお兄さんは、昼食の準備を始め、私たちはしばし自由行動。
珊瑚を拾ってみたり、シュノーケルしてみたり、浮いてみたり・・・笑

貸してもらった笠地蔵バリの三度笠(?)がお気に入り(*^_^*)

CIMG4207.jpg

なかなかかわいいでしょう♪
真っ青な海に、とりあえず浮いてみた。

あと、今回は水中撮影リベンジ!
前回の波照間では、ハウジングの中に曇り止めとしてシリカゲルを入れるのを忘れており、
せっかく持って行ったものの、水中写真はほぼ全部もやもやの曇り写真。
なので、今回は前日からシリカゲルをセットして、準備完璧にしておいた。

むふふふふ。。。
水中撮影の写真は、次回アップすることとします♪

この日のお昼ご飯。
ガイドさん特製の三枚肉&てびち入りの沖縄そば
麺にこだわってるらいが、麺はもちろんのこと肉もだしもめちゃめちゃうまかった☆
なので、バッチリおかわりまでしました。
夏バテ知らずで過ごした沖縄、食欲もモリモリです。

CIMG4293.jpg

それが今・・・少々夏バテ気味(>_<)
明日は茨城県まで出張です。
茨城は初潜入!
海外とのテレビ会議、とりあえず英語聞き取れるように頑張って来ます!


nice!(15)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

KERAMA BLUEの上で。 [沖縄旅行記④ 座間味島]

2008慶良間旅行_一眼レフ-013.jpg

沖縄上陸2日目、座間味島まではこの高速艇で行く。
片道50分の船旅。

本島から離れるに連れて、これから離島に行くという期待でわくわく(*^_^*)
台風の影響でこの日は波が荒く、船も結構揺れた。
酔い止め飲んどって正解☆

船の上では、潮風・水しぶきに当たり体が潮まみれになりながらも、
飛び魚が一斉に飛んでる様子や、海面近くをフワフワと泳ぐウミガメを発見して感動。

そうこうしてるうちに、あっという間に座間味島到着

2008慶良間旅行_一眼レフ-023.jpg

ご覧の通りの青い空・青い海。
慶良間諸島に近づくにつれて、
海の色が濃いブルーから鮮やかなエメラルドグリーンに変わるのがわかる。

どんな島なんだろう・・・ワクワク

2008慶良間旅行_一眼レフ-031.jpg

この日は到着してすぐ、ケラマカヤックセンターの1dayツアーに参加。
カヤックはもちろん初体験。
カップル2組と一緒になった。
写真のシーサーは、カヤックセンターの横にあるカフェの壁に居座ってた。
かわゆい♪

座間味島には、阿真ビーチ古座間味ビーチの2つのビーチがある。
カヤックは、この日泊まる宿からほど近い阿真ビーチから出発。
台風の影響で、前日まではカヤックが出来なかったらしく、なんとこの日から再開。
ついてる(^^)v

CIMG4135.jpg

子供達は夏休み突入ということもあり、多くの家族連れが賑わってた。
簡単に漕ぎ方のレクチャーを受けてからは、実践で学ぶ。
二の腕引き締まるで~これ(笑)そしてウエストも!!

この日は、南からの波の影響を受けにくい安室島の東側に向かう。
安室島は、座間味島の南にある無人島で、今沖縄ではオリオンビールのCMの舞台となってる。

うんせっうんせっ・・・

CIMG4162.jpg

と、片道約1時間くらいだろうか。。。
かなり漕いだ気がする。
ケラマの海は、7種類の青色があるらしい。
青7色のグラデーションの中をカヤックで漕ぐのは、めっちゃ爽快。
底が砂の所は、青がかなり鮮やかで、浅い場所だとほんときれいなエメラルド。
かなり水深がある場所でも、透明度がかなり高いため、かなり奥底まで見える。
7色の青に加えて、この透明度もケラマの海の特徴なんだって。

この日お世話になったインストクターのお兄さんは、とてもフレンドリーで、
1dayツアーをさらに楽しくしてくれた。
座間味出身で、色んな話もしてくれた。
そんなお兄さんとも、記念撮影パシャリ☆
今回は、カメラのハウジング&曇り対策は完璧♪

CIMG4185.jpg

一緒に参加した人たちと写真の撮り合いっこしながら、
途中途中でケラマブルーを味わいながら、頑張って安室島まで漕いだ。

続く。


nice!(9)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

エピローグ-座間味島旅行編- [沖縄旅行記④ 座間味島]

「今年はどこの島にする?」

「宮古島にしよや!」

「OK~」

・・・・・

海の日連休の宮古島、そしてお互い別の場所から出発して現地合流ということで、
交通手段から宿泊先まで今回は全て個人手配、めっっちゃ高い。。。宮古、石垣

結局、今回は行き先を変更。 

今回降り立った島は・・・ 

名称未設定-1.jpg

沖縄本島からほど近い慶良間諸島、座間味島。
ここもずっと行ってみたかった島のひとつ。
那覇から高速艇で約1時間。
宮古・石垣方面まで行かなくても味わえる、たっぷりの離島感を味わってきた。

19日、台風がそれてくれたおかげで快晴の空の中、那覇空港に降り立った。
めっちゃ暑い。
でも、晴れて良かったー!!台風直撃せんで良かったー!!

この日、空港でばったり会ったUちゃんの友達と夕ご飯を一緒に食べ、
島唄ライブを楽しんだ後、ホテルに向かった。
ホテルで用意された部屋は、なんとベッドが4つもある部屋。
なーぜー??!
かなり広々使わせて頂きました。

この日心残りだったのは、何年も大事にしてた帽子をどこかに落としてしまったこと(;_;)
かなりのショックで凹みモードで始まった初日でした。。。

次の日、朝イチのクィーン座間味(高速艇)に乗って、座間味島に向かいます。
さてさて、今回の旅はどんな旅になるかな~(*^_^*)
また、旅行記にお付き合いくださいませ。


nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
沖縄旅行記④ 座間味島 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。